<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
La douce in USA 7

ファーマーズマーケットでみつけた
ベスト・パニエニスト
※パニエニスト
  可愛いパニエとそれが似合う人の意
  (私が勝手に作った言葉です。)


            グランプリはこの方→
            文句無く魅力的!






 ←ザ・アメリカ なシャツを記念して、一票。
  右側・小パニエは尋常でない可愛らしさ。








            コットンバックだけれど
          大切そうに花を胸に抱え
    奥様を待つ姿が決め手でランクイン→







 <おまけ>
  惜しくもランク外・ 置き去りパニエ
  持ち主はきっと素敵な方。(でありますように)



La douce in USA 6


 週末にはファーマーズマーケットへ。

 フランスのマルシェの小規模版
 と言ったところでしょうか。
 仏・マルシェと比べると品物の種類も
 出店数も少なめですが
 それでも充分楽しめました。




       野菜や果物を売るお店では
      バンバン試食させてくれます。









 まずはぐるっと一周。
   (もちろん試食しながら)




一通り偵察が終わったら美味しかったお店へ。
買う時は‘会話を楽しみながら’が
私のマルシェの原則。(どの国でも)

アメリカも果物では今、桃系が旬。→
どれもジューシーでほんのり甘酸っぱくて
とっても美味しいデス。
この日は、赤いネクタリン、イエローピーチ、
プルーンなどを買い込みました。


 
La douce in USA 5
昨日お話したスミソニアンについての続きです。


 ダ・ビンチ、ラファエロ、レンブラント、
 ボッティチェリ、フェルメール
 ゴッホ、モネ、セザンヌ、ドガ …

 13世紀から現代までの西洋美術品が
 コレクションされているのが
 ナショナルギャラリー。

 所蔵品の希少性・質の高さに驚嘆し
 予想もしていなかった作品との出会いに
 感動&興奮が治まりません。素晴しい!


これほどの展示であれば日本なら
人が押し寄せ‘鑑賞’どころではないはず。
空間を独り占めしながら、ゆっくりと
見て周れることも魅力。

ナショナルギャラリー西側入り口→
○○神殿風の正面エントランスと比べると
見劣りするかもしれませんが、
このシンプルな造作が
かえってエレガントに思えます。

 こちらは
 今や全滅、または少数となってしまった
 アメリカ先住民・部族を尊び
 彼らの遺産を研究・保存・展示している
 国立アメリカ・インディアン博物館。

 あらゆる部族の生活が体感出来るような
 展示方法は面白く、興味深い。
 膨大なインディアン装束の展示は圧巻。

 建物をインディアン的風水(?)で
 設計してあるのか、館内では理由もなく
 居心地の良さを感じるのは不思議。

インディアン博物館のもう一つの楽しみは
レストランスペース。

メニューは
先住民オリジナルの伝統食が中心。
他ではちょっと見られないお料理があって
どれを選ぶか迷ってしまいます。
ちなみに …
この日私がトライしたのは、すり潰した
お芋の中に豆などを入れたものを
とうもろこしの皮で包み蒸し焼きにした
Tamal という料理。お味の感想は
「なるほど…」。


La douce in USA 4

 「ワシントンDCと言えばスミソニアン」
 と名前だけは知ってはいたものの
 これ程までの規模とは!

 恥ずかしながら私、スミソニアンは
 一つの大きな博物館だと思っていました。
 多数の美術館・博物館・動物園により
 構成されていると知り、
 DC にて時間を持て余し気味の私は
 気になる所から順に見て周る事に。

 ←全ての機関を総轄しているスミソニアン協会



15からなるミュージアムのうち
気に入って繰り返し足を運んでいるのが
ナショナルギャラリーと
インディアン博物館。 
この2つの詳細はまた次回に。


スミソニアン・モール内では
リスによく出会う。
「はっけよ〜い」のポーズで
向かってくる姿が可愛いのだ〜。



La douce in USA 3


 海外と言えばヨーロッパ。な私にとって
 今アメリカにいることが、未だ不思議。
 もちろんアメリカは初上陸。

 アメリカモードに微妙に乗れないなか
 「なぬ!」っと意外な発見が続き
 楽しめているのが
 ‘アメリカンカジュアル食’。 



人種の数に比例した
味のバラエティに
目移りしっ放し。

何を食べても
失敗がない。
(今のところ…)





 とりわけ、DC在住の友人が
 連れて行ってくれた‘回転すし’。

 日本では見た事のない
 ネタばかりだったけれど
 これがナカナカ!かなりハマリそうです。


 ←チキン照り焼き寿司・スパイシーソース風味