<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< La douce in USA 4 | main | La douce in USA 6 >>
La douce in USA 5
昨日お話したスミソニアンについての続きです。


 ダ・ビンチ、ラファエロ、レンブラント、
 ボッティチェリ、フェルメール
 ゴッホ、モネ、セザンヌ、ドガ …

 13世紀から現代までの西洋美術品が
 コレクションされているのが
 ナショナルギャラリー。

 所蔵品の希少性・質の高さに驚嘆し
 予想もしていなかった作品との出会いに
 感動&興奮が治まりません。素晴しい!


これほどの展示であれば日本なら
人が押し寄せ‘鑑賞’どころではないはず。
空間を独り占めしながら、ゆっくりと
見て周れることも魅力。

ナショナルギャラリー西側入り口→
○○神殿風の正面エントランスと比べると
見劣りするかもしれませんが、
このシンプルな造作が
かえってエレガントに思えます。

 こちらは
 今や全滅、または少数となってしまった
 アメリカ先住民・部族を尊び
 彼らの遺産を研究・保存・展示している
 国立アメリカ・インディアン博物館。

 あらゆる部族の生活が体感出来るような
 展示方法は面白く、興味深い。
 膨大なインディアン装束の展示は圧巻。

 建物をインディアン的風水(?)で
 設計してあるのか、館内では理由もなく
 居心地の良さを感じるのは不思議。

インディアン博物館のもう一つの楽しみは
レストランスペース。

メニューは
先住民オリジナルの伝統食が中心。
他ではちょっと見られないお料理があって
どれを選ぶか迷ってしまいます。
ちなみに …
この日私がトライしたのは、すり潰した
お芋の中に豆などを入れたものを
とうもろこしの皮で包み蒸し焼きにした
Tamal という料理。お味の感想は
「なるほど…」。


こんにちは。
以前、お花を注文させていただいた柳澤です。
アメリカで素晴らしいものたちに触れている白井さんのブログを読んで、二週間前のイタリア(フィレンツェ、ヴェネツィア)旅行をまたまた思い出しました。
私も、そこでたくさんの素敵なものに出会って、体中が満たされました。
時々、全く違う文化を持つ国に身をおいてみるのは、貴重な体験かもしれません。

またアメリカでの新発見など、色々教えて下さい。楽しみにしています。
お体に気をつけて。
やなぎ | 2007/08/29 14:52
柳澤さん、こんにちは。
柳澤さんはイタリアへ行かれていらっしゃったのですね。いいなぁ〜♪

ヨーロッパびいき(フランスかぶれ)の私はやはり、アメリカではナカナカ楽しみが見つけらず…。(アメリカには夫が赴任しており、その関係で来ています)こちらで「美しい」と感じるものも西洋(ヨーロッパ)文化のものばかり。ヨーロッパが恋しいです。

それでも何か見つけようと前向きに毎日を過ごしています。アメリカでのアメリカらしい発見、見つけてみたいです。

yuko | 2007/08/30 05:36
COMMENT









Trackback URL
http://la-douce.jugem.jp/trackback/692
TRACKBACK